長生きしてもらいたいなら忘れずに。猫の予防注射と健康診断

49902543d680d1248eda5b1591023196_s

自分の愛猫はいつまでも元気に長生きしてもらいたいものですよね。その気持ちは皆さん一緒だと思いますが。
健康診断。しっかりと受けていますか?
人間と同じように見た目や普段からは、健康そうに見えても健康診断を受けてみたら、実は・・・。なんてことも少なくはありません。
自分に限ってと思ってしまい自分の健康診断も受ける機会を遠ざけてしまいがちですが、自分自身もしっかりと受けて、愛猫も予防注射、健康診断は定期的に受けるようにしましょう。

当サイトでもお勧めしている室内飼いでも、衛生面は比較的安全とされていますが、飼い主自身が外から持ち帰る菌なども侮れません。予防注射と健康診断の知識を身に着けていつまでも健康的なキャットライフをおくってください。

外出をしなくても予防注射は必須!?

外に出ることがほとんどないから、他の猫と触れ合う機会もないという事は、野良猫や放し飼いをしている猫に比べて伝染病に対するリスクはぐっと減りますが、ですが飼い主家族が外で触れた猫などから衣類などに菌やウィルスを付着させてくるケースもあります。
他にも万が一、外から急に猫が入ってきて、その猫が感染猫だったら、ふとしたはずみで家から逃げ出してしまって、戻ってきたらを考えるとリスクは0とは言い切れません。ですので最低でも年に1回は獣医さんに連れて行き健康診断とワクチンの予防接種を受けてください。

また、もし家族で旅行をすることになる際にペットホテルなどに預けることがある場合にも、「1年内でのワクチンを接種している」ことが条件になるケースもあります。

予防注射と聞くと、別に受けなくてもと人間の場合は思ってしまう事もあると思います。ですが猫の予防注射によるワクチン接種で予防できる病気は、感染してしまうと命に関わる危険なものばかりなのです。
ワクチンさえ接種をして免疫をつけることで、万が一感染してしまった場合に、発症しなかったり、軽度の症状で済むことが期待できるので、必ず予防注射は行ってください。

ワクチンで予防できる病気

3種混合ワクチン 猫ウイルス性鼻気肝炎(FVR) 一般的には猫の鼻風邪と呼ばれることもあり、症状としては元気がなくなり鼻水、くしゃみ、発熱が見られる。下痢からくるだっすうい症状は肝炎を引き起こす危険性もあり最悪命を落とすこともあります。感染ルートは関した猫のくしゃみや分泌物。
猫カリシウィルス感染症(FCV) 一般的にはねこインフルエンザと呼ばれている最初はウィルス性端気管支炎と似たような症状が出るものの、症状が進行しひどい場合には舌や口の周りに潰瘍ができて気管支炎や肺炎を併発する危険性があります。感染ルートは感染猫との接触。
猫伝染性腸炎(猫汎白血球減少症) とても感染力が強く、症状の進行がは炒め体力がない子猫や老猫にとっては命を落とす危険性が非常に高い病気。白血球が激減して発熱、嘔吐、下痢、脱水症状を引き起こします。感染ルートも幅広く感染した猫の糞尿、人間の履物や衣服に附着した菌でも感染してしまう。
猫白血病ウィルス感染症 猫の白血病といわれて、免疫力の低下や、腎臓病やリンパ腫を引き起こします。流産の可能性も高まります。感染ルートは感染したねことの接触
クラミジア感染症 粘着性の目やにを伴う慢性的な結膜炎。鼻汁やくしゃみ、咳などの症状も見られて気管支炎、肺炎を引き起こす危険性もある。ワクチンは病院によっては取り寄せになるケースがあるので予防注射の予約が必要になるところも。

ワクチンでも防げない病気がある、だから血液検査と健康診断を。

ワクチンで防ぐことができない恐ろしい2大病を知っていますか?
・ねこエイズ
・伝染性腹膜炎

これらの病気は一度感染してしまったら完治することの無い病気として知られています。しかし早期に発見して治療をすることで、元気な状態を保ちながらの生活も決して不可能ではないのです。
このような病気の感染を防ぐには、感染の疑いのある猫との接触を防ぐことが一番大事なのです。
上記の2つの病気に特効薬はありませんが、血液検査をすることで感染しているかを知ることができます。

ワクチンは現段階ではないけれど血液検査で早期発見予防ができる病気

猫免疫不全ウイルス感染症(FIV) ねこエイズと呼ばれていて人のエイズとは全く異なる。そのため人間に感染することはありません。喧嘩のかみ傷や性交渉で感染します。無症状の「キャリア」の状態で長生きする猫もいますが、発症すると免疫不全を起こします。感染の有無の検査には5,000円程度で調べることができます。
猫伝染性腹膜炎(FIP) 腹水などを貯めるタイプと肝臓と腎臓に病変を作るタイプの2種類があり、気管支炎や肺炎を併発することがある、発症のシステムが現段階ではわかっていないため、対症療法を気長に続ける必要性があります。

健康診断の内容

それでは実際に健康診断で受けられる一般的な内容をご紹介します。

体重測定 食事の量などが適正であるかどうかのチェックにもなります。
体温測定 成猫で平熱は37.5~38.5℃、子猫の平熱は38~39℃くらいとなりです。
便の検査 ウンチの硬さや色、匂いそして顕微鏡を使って寄生虫検査を行ってくれます。ここで注意が必要なのが便検査を行うときは、検査を行う2時間以内の便を利用しないといけないことです。長時間たった便では寄生虫が卵から孵化している可能性があり検査に正確性が損なわれてしまいます。病院によっては中で採取することも可能なところがあります
血液検査 血液系の疾患や血液型を調べることができます。
尿検査 泌尿器系(ひにょうきけい)の疾患を調べることができます。
レントゲン検査 骨折や脱臼が疑われるときや、尿管や膀胱(ぼうこう)に異常が見られるとき、いや町の中に異物があるときなどに行われます。
心電図検査 不整脈、心室肥大、冠状動脈疾患などを調べてくれます。

引用参考子猫のへや

健康診断の目安

子猫(一歳未満) 頻繁に行うのが理想です。
成猫 年に1回
老猫(7歳以降が目安) 年に2回

健康診断の費用

健康診断 5,000円前後
混合ワクチン接種(予防注射) 6,000円前後

成猫の期間で毎年11,000円程度を考えておけば大丈夫ですね。

健康診断に連れて行くときのマナー

健康診断に猫を動物病院に連れて行かないといけません。普段室内で暮らしている猫ちゃんですと少しでも外に出るということに慣れていないので少し大変かもしれません。動物病院でのマナーと追わせてコツを覚えておいて下さい。

キャリーバッグに入れる

移動のときや待合室でキャリーバッグに入れることになります。普段大人しくてもキャリーバッグに入れようとするとり、いつもと違う雰囲気を感じ取り怖がって暴れてしまうケースがあります。そういうときは洗濯ネットを利用することで大人しくなりますので、それに入れつつキャリーバッグに入れると良いでしょう。

爪を切る

病院のスタッフなどにけがをさせないためにも爪を切っておくのは最低限のマナーになります。

時間は厳守

予約が必要な診療の際には必ず遅れないように病院に行くようにしましょう。

健康状態は伝えられるようにする

日頃からよく接している飼い主のほうが普段の様子を知っているはずです、お医者さんに猫の健康状態を伝えられるようにしておけば、お医者さんもより詳しい診断ができます。

tesuto

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*