粗相とはさようなら!猫のトイレのしつけ方とトイレの選び方。

7800dcf5f76052b95228c0982fb294c1_s

猫を飼っている人の多くが一番初めにたちはだかる試練はトイレでしょう。決められた場所でトイレができるようになるのは、これから供に暮らしていく事を考えると必修科目と言ってもよいでしょう。いくら言ってもわかってくれない。
そんな時は、トイレ自体に問題がある場合もあります。しつけと合わせて正しいトイレの選び方を知り、きちんとトイレの場所を理解してもらい快適な生活を送りましょう。

ねこのトイレのしつけ

初めて家にやってきた猫は猫を迎え入れよう!その時に知っておきたい思いやり。でも、触れたように、キョロキョロしたり床の臭いを鍵はじめたりしてトイレのサインを出します。

その時はそっとトイレに連れて行ってあげるようにしましょう。ほとんどの猫は1度自分のオシッコやウンチの臭いをのついた場所をトイレだと認識するようになります。
始めから思うような場所にしてくれなくても、決して怒ったりはしては行けません。何度も根気よく猫をトイレに連れて行ってあげるようにしましょう。ポイントとしては、その猫のオシッコやウンチの臭いがするものをトイレに置いておくことで猫がトイレを認識しやすくなります。
猫が上手にトイレを使うことができたら、たくさん褒めてあげるようにしてください。「いつもと違う」「ここでトイレをすると褒められる」と猫も感じ取るようになります。

猫はもともととてもきれい好きな動物なので、トイレが汚れたらキレイにしてあげることも、忘れないようにしてください。
汚れたトイレは嫌がります。それが原因でトイレがすることができずに膀胱炎になってしまう猫もいるほどなのです。
また、もし複数の猫を飼っていて、あなたが外出が多い生活をしている場合は猫と同じ数のトイレを用意してあげるのがベストです。

粗相をしてしまったら

なかなかトイレの位置を覚えてくれず何度も粗相を繰り返すようであれば、その場所に連れて行って軽く鼻をこすりつけて「ダメ」と教えてあげようにしましょう。
粗相をした場所を拭いた紙などは正しいトイレの場所に置いておくようにしましょう。
粗相をした場所は徹底的に掃除をするようにして臭いが残らないようにしてください。
消臭剤や酢を使って臭いを消す方法があります。猫は人間の数百倍と言われるほどの嗅覚で臭いを嗅ぎつけることができるので、完璧と言えるくらい臭いを除去するようにしましょう。

急に粗相をするようになったら

いままできちんとトイレができていた子が、急にアチラコチラで頻繁に粗相をするようになったら、猫の心身に何かよくない事が起こっていると考えてよいでしょう。
身体の原因としては便秘や尿道炎、膀胱炎などにかかっていることがよく原因としてあげられます。
心の原因としては環境が変わったことによるストレスがいえます。

急に粗相が多くなったと感じたら、まず病院で診断を受けるようにしましょう。
異常が見られないようであれば家の中で粗相が増えた前後で何か変化はないかを思い返してみてください。
トイレやネコ砂を変えた後に粗相がするということはよくあるようです。

ブレイクタイム

いつもはしっかりトイレができるコボンですが、こんなでっかいビーズクッションがあったら、猫にとっては大きな環境の変化と言ってもいいですよね。しかもさわってみるとジャリジャリしてる感触。
細かい砂だと思ってトイレと勘違いしてしまって粗相をしてしまいます。確かに細かい砂のような感触があるのに、粗相後に隠そうとしても全然隠れないで何度もかき集めようとしているしぐさが、なかなか可愛いです。
このビーズクッションのお話はまた別の機会にでも詳しくお話できればと思います。

トイレの選び方

今の時代、猫のトイレと言っても目移りしてしまうくらいに様々な種類の猫トイレとネコ砂が売っています。
どれにしようかと悩んでしまうと思いますが、猫にとってもトイレの好み、相性があります。
ライフスタイルや好みに合ったトイレを選ぶようにしましょう。

砂の種類

トイレの砂、通称「ネコ砂」は一般的に売られているものを見ると直径5mm~2cmと大きめで砂と言うにはイメージが違うかもしれません。
おおまかに砂の種類は鉱物砂と紙・木材の砂の2種類に分けることができます。

それぞれの特徴は下記の通り

材料 特徴 メリット デメリット
鉱物砂 天然の鉱物を加工して作られている 適度な重みがあるので猫に好まれやすい。脱臭作用が優れたものも多くトイレの外に飛び散りにくい。 重くて持ち運びが大変、燃えるゴミか燃えないゴミかが自治体によって違うために確認が必要
紙・木材の砂 パルプや木片でできている 軽いため持ち運びが楽、洗って再利用できるものもある。燃えるゴミとして処分できる。 トイレの外にかき出されやすく、周辺が散らかりやすい

また、ネコ砂の種類の中には、固まるものと固まらないものもあることを覚えておきましょう。

種類 特徴 使用方法
固まる砂 水分を吸収して固まる 固まった部分をスコップで取り除いて新しい砂を足す
固まらない砂 水分を吸収しても固まらない ウンチはスコップで取り除いて洗うことで再利用できるものもあり、下に敷いたペットシーツ等でオシッコを吸収させるタイプもあります。

それぞれの特徴を理解して人間のライフスタイルと猫の好みをすりあわせて、一番適したものを利用するようにしてください。
またネコ砂を新しい物に変える時は前に使っていた砂と半分ずつ混ぜて徐々に新しい物に移行してあげるようにしてください。

トイレ本体の種類

猫のトイレ本体にも様々な種類があります。代表的なモノは3種類
・箱状のもの
・すのこ状のもの
・フードのついたもの(ハーフフードもあり)

種類 特徴
箱状トイレ 一番ベーシックな箱型のトイレで、箱に砂を入れて使うシンプルなタイプです。ネコ砂を箱のなかに敷き詰めて汚れた部分をスコップで取り除いて砂を足します。
すのこ状トイレ 二重構造になっているトイレで上部がスノコ状で下段が箱状担っているものです。ウンチは上部の砂の中に残りオシッコは下段に貯まる仕組みなっていて、注意点として固まるタイプの砂が使えません。1日一度を目安にウンチを取り除いて下段に溜まったオシッコを捨てて水洗いをしましょう。
フードがついたトイレ 箱状のトイレにカバーがついたもの、砂が飛び散りにくい、臭いが部屋に流れるのを防ぐというメリットがあるものの、臭いがこもりやすいため、掃除を怠ってしまうと猫が嫌がって使わなくなる特徴があります。メリットとデメリットを理解してまめに掃除できる人向けです。
ハーフフードトイレ 臭いがこもらず、砂の飛び散りも防げる点に特化したトイレですが、販売する店が限られるが、最近はネット通販でも買えるので見ることも多くなった。

どのトイレにも言えることですが、月に一度程度はトイレを水洗いして、日光消毒するようにして、清潔なトイレを心がけましょう。
トイレは人間も無くてはならないものです。猫も同じですので好みにあったトイレを用意してあげてしっかりとしつけができるように頑張りましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*