生活習慣病の元になる肥満!猫の理想体重を知ろう。

e0f9a73815a1bf7bb59647cce76af731_s

室内で飼っている猫の天敵として現れてくるのが肥満。
あなたの愛猫は理想の体重を知っていますか?

かわいいからと言って、好きなだけ餌を与えてしまっては肥満の原因になります。
一度太ってしまうと、猫も人と同じように痩せるのは大変なんです。

太っていてもかわいい猫ちゃんですが、肥満は生活習慣病の元にもなります。
猫の理想の体重や体型を知って常に意識して肥満チェックの習慣をつけるようにしましょう。

猫の平均体重は何キロ?

猫の平均体重というのは、種類や性別、そして骨格によって大きく異なります。
一般的に3kg~5kg台にほとんどの猫があてはまると言われています。

それでも、メインクイーンやノルウェージャンフェレストキャットなどの種類によっては7kgを超えていても肥満とはいわない猫もいますので、平均体重というのも知識程度に覚えておいて、何kgからが肥満になるのかを覚えておきましょう。

猫の肥満と理想体重

猫の肥満は何kgでしょうか。
猫の肥満は「理想体重の120%以上」の状態が「肥満」の状態になります。

それでは、理想体重って幾つなの?ってことになりますが
猫の理想体重は、1歳になった時の体重が一生を通しての理想体重になります。

子猫の時から動物病院にかかりつけになっており、定期的に健康診断を行っていれば1歳時の体重のデータが残っていると思いますので、理想体重がわかると思います。

しかし、譲り受けたり野良猫だったりして、1歳の時の体重の記録がない場合も多々あると思います。
安心してください。
データがない場合でも肥満度チェックをする方法がありますから!
それをご紹介します。

BCS(ボディコンディションスコア)

BCS=ボディコンデションスコアと呼ばれるものがあります。
それは多くの獣医師さんが肥満や痩せすぎの判断に使用している指標です。

概要は下記の通り

bcscat

引用参考:http://www.hills.co.jp/petlife/pdf/bcscat.pdf

BCS測定を知る

BCS1=痩せ気味
理想体重数値:85%未満
触った時に肋骨の形がわかる。
お腹の脂肪がほとんどなくろっ骨と腰の間のくびれがはっきりわかります。

BCS2=少し痩せ気味
理想体重数値:86%〜94%
触った時に肋骨の形が容易にわかる。
お腹の脂肪がほとんどなくろっ骨と腰の間のくびれがはっきりわかります。

BCS3=理想的な体型
理想体重数値:95%〜106%
触った時に、ろっ骨が指に触れないくらいに脂肪がついています。
ろっ骨と腰の間にくびれが少しあるのを判断基準にすると良いでしょう。

BCS4=太り気味
理想体重数値:107%〜122%
ろっ骨の周りに脂肪がついているためにろっ骨の形が触ってもよく分かりません。
胴体のくびれがほとんど分からない横から見て平行になっている感じです。
お腹を触るとタプタプしています。

BCS5=肥満
理想体重数値:123%以上
脂肪が厚くてろっ骨の形は全くわからない状態です。
ろっ骨と腰の間は膨らんで見えてお腹に脂肪がたくさんついているため、横から見ると垂れ下がっているようにも見えます。

BCS測定からの理想体重の算出法

自分の猫が上記のBCSのうちのどれに当てはまるかを、判断しましょう。
そして、その子の体重を計りましょう。

そうすることで、大雑把ではありますが、その猫の理想体重を割り出すことができます。
例えば 見た目がBCS4で体重が6kgだとします。
BCS4は理想体重数値が120%になりますので、肥満値になります。

その場合は 6➗1.2= 5kg という数値が導き出すことができ、理想体重は5kgになります。

このように1歳の時の体重のデータがなくとも、大雑把になってしまいますが、理想体重を知る方法はあります。

体重チェックは大切

毎日顔を合わせている人の体型の変化というのはなかなか気づきにくいがあります。
それが特に猫となるとよりわかりづらく、あれ少し太ったかなと思った時には時遅し。

かなりの体脂肪率になっていることが多いのです。
猫の体を定期的に触ってチェックをして体重も測るように心がけましょう。

猫の体重の測り方

猫の体重を知りたいからと言って特別な体重計を買う必要はないです。
猫の体重を知りたければ、ねこを抱っこしながら体重計に乗ってください。

その数値からあなたの体重分を差し引いた数値が、猫の体重になります。
正確に何gといったところまでは知ることはできませんが、大まかな変化を知るには十分です。

またあなた自身の体重の変化も知ることができるので健康管理には一石二鳥ですね!

もしダイエットが必要かもと思ったら

うちの猫が太ってきたと思ったからといって安易にダイエットを開始するのは良くありません。
必ず獣医さんに相談して決めるようにしましょう。

いくらBCSなどからおおよその体重や体型を理解できても、本質的な部分では判断できないことは多くあります。
普通に見えても筋肉がなく脂肪ばかり、太って見えても骨太で筋肉質であれば、肥満ではなく、ダイエットが必要ないということもあります。

まとめ

日々の健康管理の中で体重や体型の変化を知るというのは目安になります。
肥満は大きな病気のもとになリますので、しっかりとした管理をしてあげるのも飼い主さんの役目です。

定期的に体重を測ってあげて肥満にならないようにしてあげましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*