日本人の萌えキュンポイント!”ω” マズル?猫のひげ徹底解析!

s-IMG_2441

日本人の多くを虜にしているキャラクターの口元に注目してみると ω の口をしている事が多いのに気づきます。
楽天のお買い物パンダ。
トロといっしょのトロ。
後はAAのショボーン(´・ω・`)
等など。

ねこを絵で表す時に口元もこんな感じに書きませんか?

日本人はみんなωが大好き!
数多くある猫のパーツの中でも人気が高く、あのぷっくりとした猫の口元の膨らみ。
ωについて少し知識を深めていきましょう。

猫の”ω”はなんていうの?

猫の鼻から口元、ヒゲが生えているあの隆起した部分。
プックリしていて盛り上がっていて、その部分を表すと”ω”のように見えるところから、定着したと思われます。

s-IMG_2441

一般的にこの部分は「マズル」と呼ばれることが多く。
マズルとは動物の鼻面・口吻などのいわゆる鼻口部のことを指します。
しかしマズルは鼻口部全体の事を指す呼称です。

それではこの”ぷっくりω”の部分だけを指す名称はあるのでしょうか。
英名ではヒゲパッドの意味を持つ“Whisker Pad”と呼ばれて名称がしっかりあるのですが、
日本では正確にこの隆起した”ω”を表した名称はありません。

一般的には「ヒゲぶくろ」と呼ぶ人が多いようです。
また「鼻タブ」と呼ぶ人もいるとか。
実は猫にとってこの部分はヒゲと合わせて非常に重要な役割を持っています。

この萌えキュンポイントの重要性を理解してより猫ちゃんを愛でましょう。

“ω”に生えるヒゲとぷっくりの役割と構造

猫のヒゲの役割

まずはぷっくりに生えるヒゲの役割を説明します。
猫のヒゲは体毛と比べても2倍以上も太くて、私達の見えている部分よりも3倍も深くから生えています

猫のヒゲは高感度のセンサーなんて言われているのを聞いたことがないでしょうか。
その通りで猫のヒゲには神経が集中しています。

ですから、微妙な振動なども敏感にキャッチできるようになっています。
なぜそんな事ができるのか、それはぷっくり部分の構造にヒミツがあるのです。

ぷっくり部分の構造

猫のヒゲが、しっかりとした高感度センサーとしての役割を果たせるのは、ぷっくり部分の優れた構造にあります。
猫のヒゲは実は液体状の袋に浮かんでいます。

その部分には外の変化を感知するセンサーがたくさん存在していて、特に根本にある環状洞と呼ばれる部分は血液で満たされています。
遊んでいる時に興奮してこのぷっくりが膨らんでいるのを見たことがないでしょうか。
この要因は正確には解明されてないのですが、血液や神経がとても敏感に働いているからだと考えることもできます。
そしてこの構造によって猫はヒゲの先端に少しでも物が触れただけでも感じ取ることができるのです。

すごい!”ω”から生えるヒゲで感知できること

猫のヒゲにはどんな事ができるのでしょうか。

通りの判断

狭いところもするする行くイメージがある猫ですが、これもヒゲがあってこそ。
ヒゲが丸く円状になっていて狭い所を通る時などにこのヒゲをいっぱいに広げて少し顔を入れてヒゲがあたるか当たらないかの判断をします。
ヒゲは体格よりも伸びていますので、ヒゲが当たらなければ体も通ると判断することができるのです。

空気の変化を感じ取る

物が近づくと空気の流れが僅かに乱れます。
その変化をヒゲが感じ取ることができ、物があることをキャッチできます。
だから暗闇の中でも障害にぶつかること無く歩けることができます。

感覚器として

耳だけでは捉えることのできない、音や空気で伝わる音波を感じることができたり、風や湿度の変化も計ることができるので臭いがする方向を感じたりすることも可能です。
ジャンプなどするときも風速と風向きなどをしっかりヒゲで感じ取ってからジャンプすると言われています。

ソナーとして

空気の変化を感じ取って障害物や物があることを感知できると先ほども記述しましたが、こちらに加えて、ヒゲで感知できるのはそこにある物の温度や大きさ、動物だった場合は体型なども読みとる事が、まるでソナーのようにわかります。

ヒゲを手入れで切ってもいいのか?

よく猫のヒゲなどで検索をすると予測検索で「猫のヒゲ 切る」というのが出てきます。
飼っている人だと綺麗に整えてあげたいと思う親心からでしょう。

しかし上記で書いていきたように、ヒゲは猫にとって人間の5感を司る神経と同じです。
切ってしまうと、普段の生活に支障が出てしまいますので絶対に切らないようにしましょう。

まとめ

猫の好きなパーツとして。また日本人を萌えキュンさせる”ω”について書いてきました。
愛くるしい、その部分に今後も多くの人を虜にすることでしょう。

しかし猫にとっての”ω”部分は、生きるためのとても重要な部分というのも併せて覚えておきましょう。
また、そこから生えるヒゲにもすごい役割があり、今回は触れませんでしたが他には感情を表す部分としても知られています。

それはまた気持ちの部分で取り上げたいと思います。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*