バーミーズ

noimage

性格も顔も丸い穏やかな性格を持ち、サテンのような被毛と金色の瞳が特徴のバーミーズ。鳴き声がとても静かで慈悲深いねことしても異名を持つバーミーズを紹介します。

基本データ


原産地 ミャンマーで自然発生
祖先 不明
体型 コビー
頭の形 丸い
体重 オス:3~5.5kg メス:3~5kg
毛種 短毛種,
毛色 一部の色
ブラック, チョコレート, ブルー, ライラック,
パターン シェーディングのみ
スモーク&シェーデッド,
目色 イエローゴールド系
イエロー, ゴールド,

体の特徴

どこから見ても平面がないのが特徴で、中位で丸い形をしている。

横からみると緩やかにカーブしている。

耳は中くらいの大きさをしている。付け根は幅広くて先端は丸みがあり、離れぎみに前倒しについている。

大きくて丸いイエローとゴールド色の目が特徴。耳のラインに沿って離れぎみについている

身体

中くらいでコンパクトな大きさだが筋肉質でずっしりしたボディが特徴で見た目よりずっしりしている。胸は幅広くて丸みがあり背中から尾までは平らになっている。

被毛は短くて密生しているサテンのような光沢があって滑らかな手触り。下部に行くほど明るめの色をしている。

シッポ

中くらいの長さで、付け根は太く先端に行くほど細くなっている。先端は丸みを帯びている。

筋肉が発達して、体とのバランスがとてもいい長さをしている。つま先は丸い。

バーミーズの注目ポイント

そのゴールドとイエロー系の瞳でしょう。昔はブルーグリーンでしたが、現在はゴールド系のみがバーミーズとして認められるといいます。

飼い方について

飼い方データ

入手のしやすさ ☆☆ 普通
しつけのしやすさ ☆☆☆ しやすい
手入れの頻度 ☆☆☆ 少ない
鳴き声の大きさ ☆☆☆ 小さい
運動量の多さ ☆ 多い
食事量の多さ ☆☆ 普通
初心者飼いやすさ ☆☆☆ 飼いやすい
留守番ができるか ☆☆☆ お留守番が上手
集合住宅に向いているか ☆☆☆ 集合住宅でも大丈夫
子どもとの生活 ☆☆ 普通
平均寿命 10〜13歳

飼い方

運動量がとても多いので食事は高カロリー高タンパクのものにしましょう。また十分に体を動かせる階段などの空間があると理想的です。またよく遊んであげるようにしましょう。

手入れ

1日1回のブラッシング

月に一度のシャンプー

子猫の選び方

被毛は薄かったとしても成長とともに色が濃くなります。それよりも筋肉が発達した丸みのある体でずっしりとしたものを選ぶようにするとよいでしょう。

体重の変化

体重1ヶ月: 500g
体重3ヶ月: 1500g
体重6ヶ月: 2500g~4500g

ミャンマーきた猫バーミーズ

アメリカの精神科医であるトンプソン博士がミャンマーから持ち帰った猫がバーミーズの始まりと言われています。ウォンマウと名付けられたその雌猫がサイアミーズと交配、そしてさらに生まれた子猫を母猫に戻し交配させて生まれたセピア色の子猫。

この猫を元にサイアミーズやアメリカンショートヘアなどとの掛け合わせで改良を重ねたのがバーミーズと言われています。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*