ねこを飼いたい時に必要な心構え

IMG_2142

ねこが好きな人は多いとおもいます。
特にネットでの人気は非常に高いところで、2chでのAA(アスキーアート)でも、モナーやギコ猫などといったねこで表現をすることが非常に多いですよね。
ネットを利用していると、ウズウズしてきて自分もいつかは猫を飼いたいなぁと思うこともあると思います。
あの気まぐれな感じやモフモフした感じ、癒やしを求めてしまう。

ですが、動物を飼うということは可愛いだけでは終わりません。
家族になるということですから、生命をともにすると言っても過言ではありません。

家族としてねこを飼うということ

ねことの出会いは多種多様です。偶然に道を歩いて出会ってしまったり、ペットショップで可愛い子猫を見つけてしまったり。
そんな時自分でも飼おうと決めて拾ってきたり、ペットショップから購入なんてこともありますよね。

もちろんネコはすごく可愛いし、癒やされます。
しかし一度飼うと決めたら、ネコの最期まで見届けるという覚悟をしっかり持ちましょう。

ネコも生き物

ねこはどのくらい生きるか知っていますか?
ねこの寿命は、大体平均すると15年、長いと20年生きると言われています。
その間にはこんな面倒を見ることが必要になります。

・食事
・排せつ物の処理
・安全管理
・病気の予防
・避妊や去勢の問題

あなたはこれらをすべてに責任を持って見る覚悟を持たなくてはいけません。
これらにはお金もかかります。ネコが住める環境を用意してあげることも重要になってきます。

安易な気持ちならやめましょう。

ねこや動物のファーストインプレッションでは、可愛いやずっと一緒にいたいなどの気持ちから
上記したような事を忘れがちになると思います。

しかし責任を持てずに途中で放棄してしまう可能性がある、家族がいて自分だけの気持ちだけであれば
しっかりとした相談の上に決めないと、結果ねこにとって哀しい結末になりかねませんので、安易な気持ちで
飼いたいと思っているのであれば少し気持ちを落ち着かせましょう。

最低限、下記の「心構え」をクリアしているかどうかチェックしてから飼い始めるようにしてください。

・ずっと惜しみない愛情を持って飼うことができる。
・ねこの最期の時までしっかりと面倒見ることができる。
・ペットを飼うことが許されている環境にある。
・家族全員が猫を飼うことに賛成してくれている。
・病気の時は病院に連れていくことができる。
・近隣の人に迷惑をかけない。

全部クリアしているならまずはOK!

これらの条件をクリアをしているのであれば、さぁあなたの猫を迎え入れる準備をしましょう!
もちろん、これから始まる猫との楽しい生活には、上記だけでは終わらない数々の問題も出てくるでしょう。
そんな時はこのサイトを役立ててください。
数々の問題があるとしても、それをクリアできれば、それ以上の楽しいキャットライフがあなたを待っています。

ねこは大切なパートナーになります。

ねこを家族に迎える際に多くの人が室内での飼育を考えているとおもいます。
室内で飼育されたねこは私たちととても密接としてた関係になりやすく、また外に出さないことで
病気や怪我を外でするリスクが少なくなります。
またおとなしくてお利口さんに育つケースが多いのも室内飼育のメリットと言えます。

繰り返しになるのですが、どんな生き物についても言えますが、一度飼い始めたら愛情を注ぎ続けなくてはなりません。
特に完全に室内で飼うということは食事や環境も全て飼い主がたよりになるということをわすれてはいけません。

特に人に飼育されていた猫が、野生の猫に戻ることはできませんので、飼い始めたのはいいですが
「しつけがうまくいかないから」「お世話が仕切れない」
などと悩むことがないように飼い始める前から猫のことをある程度理解をしておくことをお勧めしますよ。

「かわいい」と感じることと一緒に暮らし始めるということには大きな差があることを猫を飼いたい時の心構えとして持っておいてください。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*