「なんて言っているの!?」猫の基本的な鳴き声「ニャオ」「ニャッ」「カカカ」「シャー!」「・・・(サイレントニャー)」

4fbb1faf772714a4d80469ef7c7543e0_s

猫といえばニャーと言うのは皆さんご存知ですよね?でもどんなときもニャーと言っているわけではありません。猫も人間と同じように様々な感情を持っているのです。鳴き声をよく観察してみてください。同じように聞こえる鳴き声も時々によって違うと思います。
完璧には理解することは難しいかもしれませんが、鳴き声でどんなことを思っているのかが、ある程度理解できれば猫の気持ちを理解してあげて共存していく上でお互いの信頼も高まります。どんなときに、どんな風に思っているのかを鳴き声からわかるように、ここで紹介していきたいと思います。

『ニャオ』と鳴く時は?どんな時?

ニャオ nyao [niyao]

もっとも有名で猫といえばこれと、言っても過言ではない。お馴染みのニャオです。
なんといってもこれだけで、様々な事を要求できる最もポピュラーで応用が効く全猫共通の合言葉と言っても過言ではありません。

ニャウリンガル訳:ねぇねぇ~

猫が飼い主に甘えたり何かを要求している時に出している時によく聞くことができる鳴き声です。その時にシッポにも注目してみてください。その時シッポが立っていたら、それは親だと思って甘えている気分なのです。
「ニャオ」はもともと子猫の時に親猫に対して何かを要求するときにする鳴き声で、飼猫の場合は大きくなっても、子猫の気分で甘えたい時や何かを要求してくるときに使ってくるでしょう。なかなかのしたたかさ(笑)これが猫の可愛さの一つとも言えるのですが。
「ご飯が食べたいよ」「遊んでほしいよー」「かまってよー」と、この鳴き方一つで色々な要求がありますが、飼い主が状況を見て気持ちを汲みとってあげるようにしましょう。

その他のニャウリンガル訳:開けてくださいにゃ

もし扉の前などで、ニャオを言ってる時には「ここを開けて~」と言っているサインです。家の中であれば問題ありませんが、玄関や窓などの外に繋がる扉の前で鳴くこともしばしばあります。慣れていて放し飼いをしているのであれば、大丈夫ですが、室内だけでの飼育の場合は、しつこく鳴かれても応えずに、ムリなんだなということを覚えさせるようにしてください。

その他のニャウリンガル訳:ちょうだい!くれにゃー

ご飯のお皿の前やご飯がしまってある位置で「ニャオ」されたのであれば、間違いなく「ご飯をくださいにゃ」「食べたいんだにゃ」ということになります。飼い猫はどうしても可愛いのでついつい、その度にあげてしまおうと心が動いてしまいがちになりますが、食事時間以外で鳴く度に上げてしまうと、猫自身の健康管理に影響がでますし、また「鳴けばご飯がもらえる」と思ってしまってワガママに育ってしまうこともありますので、注意が必要になります。

コボンのニャオ

短く『ニャッ』と鳴く時は?どんな時?

ニャッ nyattu [nyatlu]

にゃ~ではなく短くニャッっと鳴く声を聞いたことはないでしょうか。もともと猫は臭いを嗅ぎあう動物で、それで情報交換や挨拶を行い姿勢や表情で気持ちを表すとされる生き物です。しかし人間との生活の中で鳴いたほうが良いと学んだ猫たちが生まれた猫語とも言われています。

ニャウリンガル訳:やぁ。

飼い主が喋りかけたりすると「ニャッ」と聞ける時があると思います。それは人間で言う相槌や返事になります。またすれ違う時に軽い感じで「ニャッ」という場合は気軽な挨拶として受け取っても良さそうです。

その他のニャウリンガル訳:いやん。チェッ!

コボンがよく使う短い「ニャッ」の中に、アソビが一段落して、まだまだ遊んでほしいのにいつまで立ってもアソビを再開してくれない時、その場から離れる時の動きざまに「ニャッ」ということがあります。また過剰に撫でたり撫でられたくない時にもこの鳴き方をすることがあります。状況に応じてですが、残念な時、ちょっと嫌な時の訴えとしての鳴き方(やぁという気分よりも鳴き声が濁る)にも使われます。

野生の本能?『カカカ』と鳴く時は?

カカカ kakaka [kakaka]

もともと小さなハンターと呼ばれる猫ですから、狩りをしたいと思うのが本能です。飼い猫の場合でネズミを捕まえたりした経験がない子でも獲物だ!と認識すると「捕まえなくては!」と思い野生気分がフツフツと湧き上がってきます。その時に『カカカカカカカ』と聞くことができます。

ニャウリンガル訳:捕まえたいにゃ-。

窓の外を見ている猫が、飛んでいる鳥や虫を見つけた時に「捕まえたいのに、捕まえられない」時の葛藤から出してしまう声と言われており。このサインが見られる時には獲物に集中していて飼い主の声が届かなくなる子も多いようです。捕まえられない欲求を紛らわすように毛づくろいをして心を和ませるケースもよく見られます。

『シャー!』と鳴く時は?

シャー! sya- [syaaaaa]

単独行動を基本としてテリトリー意識がとても強い猫は自分の縄張りを粗されたり、侵入されることを非常に嫌います。その時に不用意に近づいてきた猫たちに対して威嚇する時に使われるのが「シャー!」になります。相手を遠ざけようとする気持ちからでるサインなので、牙を向き毛を逆立てるように体を大きく見せて何度も鳴きます。

ニャウリンガル訳:こっちにくるにゃ-。

本能的に威嚇の時にでる声ですので、生まれて間もない子猫からもこの声を聞くことができます。もし飼い主に対して「シャー!」をする時があれば、気持ちがとてもピリピリしている証拠です。そんな時はしばらくそっとしてあげるのが一番良い解決方法です。猫が落ち着くのを待ってあげましょう。

声を出さないで鳴くしぐさをする時は?

口パク ・・・ [・・・]

口を開けて鳴いているようなのに声が出ていない。通称「サイレントニャー」といい生まれて間もない子たちが多用するのが見られます。実は人間には聞こえていないだけで猫たちだけが理解できる高い周波数の鳴き声なんです。

ニャウリンガル訳:おかあちゃーん!

子猫が親猫とはぐれてしまったり自分に驚異が訪れた時に周囲に対してわからない超高周波の鳴き声で親に自分の状況を知らせるために使われます。いわゆる防犯ブザーのような役目になっているのです。飼い主に対してこのしぐさをする時(実際には鳴いている)は飼い主を母親のように信頼しているということです。たっぷり甘えさせてあげるようにしましょう。

tesuto

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*